引越し費用のことから業者の選び方まで引越しの知恵お届けします。

引越しのことなら沢多家にお任せ

引越しの知恵

都市ガスとLPガスは何が違うの?気になる性能を比べてみた

投稿日:

沢多パパ
物件情報を見ていると、設備情報や絞り込みの項目として目にすることがある「都市ガス」と「LPガス」。この二つのガスにはいったいどんな違いがあるのでしょうか。
沢多娘
二つのガスの特徴はなんとなく知っているけど詳しい事はわからない、実際に物件を選ぶとき結局のところ何を基準にどっちのガスの物件を選べばいいの?
沢多ママ
今回は都市ガスとLPガスのそれぞれの特徴について見ながら、それぞれのガスの違い、引越し物件を選ぶときに参考にするべきこと、注意点についてご紹介します。

都市ガスとLPガスでは、原料や性質、供給方法などが違う!

日本の家庭で使われているガスは、そのほとんどが都市ガスかLPガスのどちらかに分けられます。都市ガスはメタンが主成分の天然ガス、LPガスはプロパン・ブタンが主成分の液化石油ガスです。都市ガスは空気より軽く、LPガスは空気より重いという特徴を持っています。

どちらのガスも無色・無臭ですが、ガス漏れした時にすぐに気が付けるようあえて匂いがつけて安全に配慮しています。また、ガスも供給の大半を海外からの輸入に頼っています。

普段生活していると、建物の横にガスボンベが配置してあるのを見かけますよね。あれがLPガスのボンベです。LPガスはあのように各世帯ごとに配置されたボンベからガスが供給され、LPガスの各事業者が定期的にボンベの配送・交換を行っています。

対して都市ガスは、道路の下のガス導管を通じて各家庭にガスが送られています。都市ガスと比べてLPガスは導入のための工事費がかからないため、低コストで導入することができるという利点があります。そのため、賃貸物件などでも都市ガスと比べてLPガスを導入している物件のほうが数が多いです。

都市ガスとLPガス

どっちがいい都市ガスとLPガス

結局のところ、都市ガスとLPガスではどっちを選べばいいの?

では、実際に私たちが物件を選ぶときはどちらのガスの物件を選ぶべきなのでしょうか。

家庭におけるガスの影響として考えれる、火力の差、価格の差、安全性の差、についてそれぞれ比べてみたいと思います。

・火力の差

ガス本来の火力はLPガスのほうが優れています。しかし家庭でのガスコンロにおいては、LPのガス穴が都市のガス穴よりも小さくなっています。そのため、火力の差はほとんどありません。気にする必要はないようです。

・価格の差

価格は、都市ガスが安く、LPガスが高いです。一律で価格が決まる都市ガスに対して、LPガスはそれぞれの企業がバラバラに価格を決定しているため、同じLPガスでも料金にばらつきがあります。都市ガスと比べると、企業によっては1.5~2倍ほどの価格差があることも。

・安全性の差

LPガスは仕組みがシンプルなため、災害時の復旧がとても早いという特徴があります。都市ガスだけでなく、電気・水道など他のライフラインと比較してもその早さは群を抜いています。安全管理にも力を入れており、都市ガスと比べてLPガスのほうが事故率も低いです。

現状では、価格を気にするならば都市ガス、安全性を気にするならLPガス、という結果でした。

どちらも長所短所があるので、どちらを選ぶべきという答えはなく、個人の好みやガス以外の条件に左右されるところが大きいのではないでしょうか。また、物件を選ぶときの注意点として、LPガスから都市ガス、もしくは都市ガスからLPガス、というふうに異なるガスの物件に引越す場合は、ガスコンロの対応ガスが異なるので十分な注意が必要です。

自分に合ったガスを選ぼう

自分に合ったガスを選ぼう

-引越しの知恵

Copyright© 引越しのことなら沢多家にお任せ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.