引越し費用のことから業者の選び方まで引越しの知恵お届けします。

引越しのことなら沢多家にお任せ

引越しの知恵

簡単だけど役に立つ、荷造りをする時のちょっとした工夫

更新日:

沢多パパ
学業や仕事、子育てなど、日常に追われながら行う引越し作業はとても大変なものです。寝る間も惜しんで必死に荷造りをしているのに終わらない、なんてこともあるのでは。
沢多ママ
時間に追われながら荷造りをしていると、当たり前のようなことでも忘れがちになったり、分かってはいるけど手が回らないことも多いです。引越しが終わってしまってから、荷造りのときにああしておけば良かったな、と少し後悔することも。

今回は、忙しく時間に追われている中でも実行可能な、簡単だけど役に立つ、荷造りをする時のちょっとした工夫をご紹介します。

引越し後すぐに使うものはひとまとめにして分かりやすく

食器は食器、日用品は日用品、というように基本的には種類ごとに分けて荷造りを進めていきます。荷物の量が膨大な場合、新居への荷物の搬入が遅くに終わった場合、次の日が仕事な場合など、引越したその日のうちに荷解きが済ませられる人ばかりとは限りません。

仕事で忙しい日が続く日など数日から数週間はそのまま、なんて人もいるかもしれません。それでも、ご飯を食べたりお風呂に入ったり、最低限の行動は必要になってきます。

そんなときに全てのものが種類ごとにきっちり段ボールに収まっていると、食器を取り出すために段ボールを開け、歯ブラシなどの日用品を取り出すために段ボールを開け、とあちこちの段ボールを開ける必要が出来てしまいます。

手間や時間が掛かりますし、仕事が落ち着いてさあ荷解きだ、というときに部屋はぐちゃぐちゃ…なんてことにもなりかねません。

そこで、荷造りを始める前にまずは「引越し後すぐに使うもの」という箱をひとつ作ってください。種類ごとに分類するきっちりした荷造りを進めながら、生活するうえで頻繁に使う必需品はすぐ使うもの箱のほうにまとめていきましょう。

そうすることで、引越し後もしも荷解きを満足に行えなかったとしても、その箱をひとつを開くだけで最低限の生活が送れることになります。

引越しの工夫 必要な荷物をまとめる

引越しの工夫 必要な荷物をまとめる

段ボールの中身が上からも横からも一目見て分かるように

もうひとつの工夫は、段ボールの中身が上からも横からも一目見て分かるようにすることです。荷物を種類ごとに分類していったら、箱を閉じた最後にその種類名を段ボールに書くと思います。

そのとき、一か所だけに書くのではなく、段ボールの上部にひとつ、側面にひとつ、その反対側にひとつ、と計三か所書くようにしてください。そうすると、段ボールを重ねて置いたときにも中身が何なのか一目見て分かりやすく探しやすくなります。

引越し時にも荷解き時にも役立ちますし、引越し業者の人にも中身が伝わりやすいです。トラックの中に荷物を重ねたとき、一か所だけの記入ではどうしても中身が分からなくなってしまいます。

この荷物は新居のこの部屋に運んでほしいなどの希望がある場合は、引越し業者の方に段ボールの中身が分かりやすくしておくことでよりスムーズに作業が進むかと思います。三か所に種類名を書くのも、やってみるとそんなに手間でもありません。

単純なことですが、やっておいて損はない工夫なので、荷造りのときはぜひ試してみてくださいね。

引越し 荷造り
これだけは気を付けよう!荷造りのときに注意するべきこと

基本ルール!軽いものは大きな箱に、重いものは小さな箱に 荷造りの基本ルールとして、軽いものは大きな箱に、重いものは小さな箱に詰める、というものがあります。服など ...

続きを見る

-引越しの知恵

Copyright© 引越しのことなら沢多家にお任せ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.