引越し費用のことから業者の選び方まで引越しの知恵お届けします。

引越しのことなら沢多家にお任せ

引越しの知恵

段取りが重要!引越し先の物件が決まったらやるべきこと

更新日:

住みたい物件が決まってからは、本格的に引越しに向けてやるべきことが増えていきます。例えば、住んでいる物件の解約、住所変更の届け出やそれに伴う各種手続きなどがあります。手続きには不動産会社・市役所・金融機関などそれぞれの施設に赴く必要があるものが多いので、仕事をしながら手続きを行う場合はできるだけ時間を無駄にしないように計画的に動くことが大切です。

引越しの状況や年齢・職業など人によって必要な手続きは異なりますが、私が引越しを経験したなかで行ったことがある重要な手続きや手順についてご紹介します。ご自身の状況と照らし合わせて、重なる部分がありましたらぜひ参考にしてみてください。

賃貸借契約の解約と、電気・ガス・水道の使用停止手続き

まず一番に済ませたいのは賃貸借契約の解約です。

賃貸契約書 引越し
初めてだと難しい、賃貸契約書の確認すべきポイント!

意外な見落としがあるかも!?設備の再確認をもう一度 意外な見落としがあるかもしれない点として、物件の設備を確認する項目があります。 私はここで、予定してた物件の ...

続きを見る

不動産会社や契約内容によっても異なりますが、賃貸借契約の解約には申し出を行える期間が決まっていることが多いです。

私の場合は、退去の1か月前に申し出ることが解約の規則でした。退去日が遅れても入居日に影響はでませんが、家賃が退去日までの日割り計算で請求される場合は、退去日が延びた分の家賃が余計に掛かってしまうことになります。

入居日が確定したら早めに解約手続きを済ませて、無駄のない退去日を設定することをおすすめします。

そして、賃貸借契約の解約が済んだあとは、今住んでいる物件の電気・ガス・水道の使用停止手続きが必要になります。基本的には退去日に合わせて使用停止を申し込めばいいのですが、退去日と引越し日が重なっている場合は1日分余裕をもって申込みをすると良いかもしれません。

例えば、引越し業者の急なトラブルで引越しが突然午後に変更になった場合、その日の午前中は水道などが使えないと困ってしまいます。家賃とは違って、少し余裕を持たせても金銭的負担は少ないので、もしものときを想定しておくと安心です。

不動産会社や契約の形態によっては、電気・ガス・水道のうち使用停止手続きが必要なものと必要ではないものが異なる場合があります。

これに関しては賃貸借契約の解約時に説明があると思います。もしも説明がなかったときは不動産会社に早めに問い合わせてみてください。

電気ガス水道 引越し

住所変更の各手続きは、順番を考えてスムーズに済ませるべし

数が多く、大変になってくるのが住所変更に関する各種手続きです。

代表的な手続きには、以下のようなものがあります。

転出(転居)届け

転入届

マイナンバーの記載事項変更届出

郵便物の転送手続き

各金融機関への住所変更届出

会社への住所変更届出

保険証の記載事項変更届出

運転免許証の記載事項変更届出

転出(転居)届け、転入届に関しては、各自治体によって届出をするべき期間というものが決まっています。自分の住む自治体と引越し先の住所の自治体のWebサイトを調べて、事前に確認しておきましょう。

住所変更の届出に伴い、マイナンバーの記載事項変更届出も必要です。マイナンバーカードかマイナンバー通知カードを一緒に持っていきましょう。転出(転居)、転入の手続きが終わったら、さっそく住民票を発行してもらいましょう。

金融機関や運転免許証などの届出には住民票が必要であったり、あると手続きがスムーズに済んだりする場合があります。会社に提出する可能性も考えて、2枚ほど発行しておくと安心です。

市役所や銀行などは営業日や受付時間が限られているため、働きながら手続きをしに行くのは本当に大変ですよね。行ったり来たりとあちこちを回る羽目にならないためにも、自分に必要な手続きと最も効率的な順番を考えて、紙などに書いて整理しておくことが大切です。

免許書 引越し

-引越しの知恵

Copyright© 引越しのことなら沢多家にお任せ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.