引越し費用のことから業者の選び方まで引越しの知恵お届けします。

引越しのことなら沢多家にお任せ

引越しの知恵

歩いてみないと分からない!新居周辺「散歩」のすすめ

更新日:

沢多パパ
引越しを考えているとき、私がなによりも楽しいのがいろんな物件の間取りを見ながら新しい生活の妄想を楽しんでいるときです。
沢多ママ
でも、新居となる物件を選ぶときは、もちろん間取りを見ただけで選んではいけません。
沢多ママ
では何を見て選ぶべきなのか。物件の周辺施設情報も大切です。駅からの距離も大切です。物件の内見も大切です。でも実は何よりも大切なのは、気になる物件の周辺を実際に自分の足で歩いてみることなんです。

これから長く暮らすことになる街。住む前に、一度と言わず余裕があるなら何度でも、散歩をしながらシミュレーションしてみませんか?

最寄駅やスーパーなど、周辺施設は暮らしやすさに直結!

新居を探すときはついつい物件にばかり目が行ってしまい、周辺の情報は画面上の文章の内容だけで分かったつもりになってしまうことがあります。

よく見かける、「最寄駅から徒歩10分」というような情報。実はこれ、地図上の距離から時間を算出して表記しているだけのものなんです。信号機や踏切、坂の存在などは計算に含まれていません。

引越しするまでの時期、駅まで徒歩10分という情報をまるっと信じていた私は、危うく電車に乗り遅れそうになった経験があります。最寄の駅や施設からの移動時間を重視している方は、物件を決める前に一度自分の足で実際に掛かる時間を確認する必要があると思います。

また、駅と並んで重要な周辺施設のひとつが食品スーパーです。節約するなら自炊は必須。栄養面からも外食ばかりではバランスが偏りがちになるため、スーパーが通いやすい距離にあることは重要です。

ただ、スーパーならなんでも良いというわけでもありません。物件の周辺情報で近くにスーパーがあると思って安心していたら、実際に行ってみると小さくて品ぞろえがあまり良くなかった、営業時間が短かった、健康志向の少々価格帯が高めのスーパーだったため節約どころか食費が跳ね上がった、などなど…。

結局、少し遠めのスーパーまで足を運ぶことになり、なんだか時間を損しているような気分になることも。周辺施設は日頃の暮らしやすさに直結する部分がとても大きいです。

住み始めてから、失敗した!なんてことがないように、文章や地図上の情報だけではなく、実際に自分の足で確認することが大切です。

引越してからでは遅い、昼と夜それぞれの音と明るさをチェック

引越しした後にわかった騒音問題

引越しした後にわかった騒音問題

引越してから後悔することとしては、周辺の騒音に関するトラブルも多いです。私の知り合いで、引越す先々で騒がしい隣人に遭遇してしまうという運の悪い人がいます。

物件内の騒音トラブルに関しては、肝心な夜の時間帯は内見もできませんし確認が難しい部分ですよね。対策としては、夜に物件の側まで足を運び、騒音が聞こえてこないかなどを確認する方法があります。

物件の中と外では音の響き方も違うため確認といっても限界はありますが、度を超えた騒音であれば外までも聞こえてくるため、酷いものは回避することができます。しっかり確認したい場合は何度か足を運ぶ必要がありますが、一歩間違えば不審者です。

住んでいる方のプライバシーにも配慮しなければいけませんので、できれば誰かに付き添ってもらって、散歩をしながら軽く確認をする程度に留めておくべきかもしれません。日中家にいて昼間の音が気になる方の場合は、散歩の昼バージョンを行うか、時間を変えて何度か内見に行くのも良いかもしれません。

昼の散歩で注目すべきところは他に、物件の日当たり、周辺の車通り、通学路の有無、危険なスポットがないか、などの点があるかと思います。自分なりのチェックポイントを事前に紙にまとめてから散歩をするのがおすすめです。

また夜の散歩では音以上に周辺の人通りや明るさに注目することも大切です。昼間は普通の道でも、夜は街灯が少なく人通りもない危険なスポットになっている可能性もあります。

安心して暮らせる環境かどうか、昼と夜のそれぞれの様子を実際に見て慎重に考えましょう。

-引越しの知恵

Copyright© 引越しのことなら沢多家にお任せ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.