引越し費用のことから業者の選び方まで引越しの知恵お届けします。

引越しのことなら沢多家にお任せ

引越しの知恵

引越し料金はどう決まる?引越し料金を安くするポイント

更新日:

沢多パパ
引越しにはとってもお金が掛かりますよね。
沢多パパ
敷金や礼金といった大きいものから、荷造りに必要なガムテープやビニール紐の代金まで。引越し料金はできるだけ安く済ませたい!引越し業者選びに関しては自分で選択できる余地がある分、なおさらそんな気持ちが強く表れるのではないでしょうか。
沢多娘
いろいろな業者の価格を比べてはみるけど、引越し料金がどんなふうに決まっているの?
沢多ママ
引越し料金をなるべく安く済ませるにはいったいどうしたら良いのでしょうか。引越し料金を安く抑えるためのポイントをご紹介します。

前もって不用品を処分して見積もりまでに荷物を減らそう

引越し料金は基本的に、使用するトラックの台数と作業スタッフの人数から計算されます。もちろん、引越し業者によって設定方法が違うところもあれば、業務の忙しさなど時期的なことに左右されることも多いため一概には言えませんが、一般的には上記の決め方が主流のようです。

そのため、引越し料金を安くするポイントのひとつは、引越し荷物を少なくすること。単に少なくするだけではありません。トラック2台分を使うほどの量だったところを、トラック1台分の量までに減らします。

もともとトラック1台分の量しか荷物がない人でも、作業スタッフの人数などに影響する可能性もありますので、荷物を減らすに越したことはないでしょう。

この作戦の場合、かなり早い段階からの着手が必要になります。なぜなら、見積もりに間に合わせるように荷物を減らすには、前もって計画的に不用品を処分しなければいけないからです。

また、引越し業者に依頼をする際に、当日作業を手伝えるかどうか、という質問をされることがあります。人数や性別を尋ねられる場面もあるので、そのときに積極的に手伝えることがアピールできたり、男性の友人の増援を頼むことができれば作業スタッフの人数を削減し料金を安く抑えられる可能性があるかもしれません。

プロではない人物の登場により作業効率が落ちたり、ミスが増えたり、そもそも作業スタッフの人数も変化しないことも大いにありえるので、料金の増減があるか気になる人は直接確認してみるのが一番だと思います。

荷物を減らせば引越し費用は安くなる

荷物を減らせば引越し費用は安くなる

引越しシーズンは避け、業者が忙しくない日程や時間を選ぼう

上記のテーマでも取り上げましたが、引越し料金決定の要素のひとつには、引越し業者の業務の忙しさが関係しています。春先の進学・就職による引越しシーズンのような引越し業者が多忙な時期は引越し料金も高くなります。

逆に言えば、引越し業者が忙しくない時期を選べば、通常より安い価格で引越しができるかもしれないということ。引越しシーズンがすっかり落ち着いて、天候の優れない日が多い6月などが狙い目です。

他にも祝日の多い月、少ない月、などが料金に関係しています。祝日・土日を避けられるなら避けて、業者が忙しくない月の平日に引越しを申し込むことが、日程で料金を安く抑えるポイントです。

引越し日に融通がきくならば、見積もり日に安く済む日を思い切って聞いてしまうという方法もひとつの手です。

また、いくら忙しくない時期だったとしても、ギリギリの日程での依頼では他の人の予約が優先されたり、引越し料金も高くなってしまう可能性があります。忙しいときはなおさら、忙しくないときでも出来るだけ、とにかく早めの申込みが引越し料金を安く済ませるポイントです。

荷物を上手に減らす 引越し

 

-引越しの知恵

Copyright© 引越しのことなら沢多家にお任せ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.