引越し費用のことから業者の選び方まで引越しの知恵お届けします。

引越しのことなら沢多家にお任せ

引越し体験談

娘の部屋は母の私に似てしまい、とんでもない汚部屋でした

更新日:

引越し 掃除

40代主婦です。私自身掃除は小さい頃から大嫌いで、学生の頃の自分の部屋はいわゆる汚部屋で歩くスペースがないほどでした。親から叱られた思い出もほとんどが部屋を片付けなさいというものでした。結婚してから私が片づけなければ誰も掃除をしてくれない環境になり、仕方なく掃除を頑張っています。A型のもともと整理整頓がきちんとできる主人から言わせると、家に入ってきてパッと見はきれいだけど、引き出しの中とか細かいところがグチャグチャだと指摘されます。

家自体掃除嫌いの私が出来るだけきれいに保つ為、あまり物を置かないように物を購入しないように心がけています。その為、生活感がない感じですがきれいに保つことが出来ています。そんななか私の学生時代の時と同じような部屋が一つだけありました。大学生の娘の部屋がそれです。主人に遺伝すればよかったのに、掃除嫌いなところは私に似てしまったようです。

8畳の洋室の子供部屋はベッド・チェスト・勉強机・本棚が置いてあります。チェストや本棚の他、服の奥にたくさんの物を収納できる棚の付いたクローゼットやベッドの下は2段のタンスになっていて多くの物が収納できるようになっています。こんなに収納できる場所があるのに、どうして散らかってしまうんだと主人は怒っていますが、理由は掃除嫌いという一言だという事を私自身よくわかっています。

あまりの汚い部屋にA型の主人が怒りました。今回だけ手伝うという約束のもと母である私も手伝いました。まず準備したものは、ペットボトルや缶は洗って捨てなければいけない為、それらを一時的に入れる大き目のごみ箱とゴミ袋たくさん、本を縛るビニールテープ、雑巾、掃除機です。まず、飲みかけのペットボトルや缶をゴミ箱に入れスプーンやコップを台所に持っていきました。これらだけでもすごい量でした。必要な物を捨てるといけないので、出ているものでいらないゴミを娘に捨てさせ、私は要らない本をビニールテープで縛りました。大学生の娘の部屋には、中学校・高校の教科書や塾のテキスト、参考書、文庫本、雑誌等今では全く使わない本が本棚をはじめ、クローゼットの奥の棚、勉強机の棚にたんまりありました。

ここまでやるとある程度スッキリしました。その後、クローゼットとチェスト、床に落ちている服等の整理をしました。着れなくなったり古くなった服をゴミ袋に入れ捨てました。小学生の頃のブランドの服は親戚にあげていた為こまめに整理していましたが、中学生になり身長が止まってからの服がたくさんあり、今さらこんな服着ないよという捨てる服がたくさんありました。学習机の中も小学生時代の文房具や小物がぎっしり入っていて、思い切りいらない物ばかりでした。

ここまで掃除するとすごい量のごみ袋と共に部屋はスッキリしました。普段も全部いらないものを上げるだけ上げ、掃除機は他の部屋と共に定期的にしていたこともあり、ホコリがたまっているという事はなかったのですが、いらないものがこんなにあったという事に驚きました。

服と本は子供会でやっている廃品回収で出しました。あまりの多くの量に捨てる際は恥ずかしかったです。ゴミは燃えるごみの日、缶とペットボトルも指定の日に捨てました。娘自体汚い部屋でいたことを大変反省していました。その上でスッキリ綺麗になった部屋は何がどこにあるのかすぐにわかり快適だと言っています。でもまた、すぐに服が掛けられていなく床に落ちたままにしていたり、飲みかけのペットボトルを勉強机に置きっぱなしたりしていた為、掃除するまで夕ご飯は食べさせないという事にしました。今現在、反省したようできれいな部屋を保てています。汚い部屋自体ストレスがたまります。私自身も掃除が嫌いでまだまだ家全体掃除不足だと感じていますが、娘と共に定期的に掃除をする癖をつけていこうと思います。

-引越し体験談
-,

Copyright© 引越しのことなら沢多家にお任せ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.