引越し費用のことから業者の選び方まで引越しの知恵お届けします。

引越しのことなら沢多家にお任せ

引越しの知恵

まだまだ気を抜けない、引越し日が決まったらやるべきこと

更新日:

沢多娘
新居が決まり、依頼する引越し業者を選んで、引越し日も決めた。
沢多ママ
日程が明確になって、ふわふわ不安だった気持ちもひとまず落ち着く段階ですね。
沢多パパ
引越し当日に向けてまだまだ気は抜けません。むしろ引越しの成功には、ここから先の心持ちが大切になってくるのかもしれません。気が抜けて荷造りが間に合わなかった!なんてことがないように、余裕を持って引越しの準備を進めていきましょう。今回は、引越し日が決まったらやるべきことについてご紹介します。

引越し先の電気・ガス・水道などのライフラインの使用手続き

引越し日が決まったら、まず初めに電気・ガス・水道などのライフラインの使用開始手続きを行いましょう。

引越しのときの解約手続きはこちらを参考にしてみてください。

賃貸契約書 引越し
初めてだと難しい、賃貸契約書の確認すべきポイント!

意外な見落としがあるかも!?設備の再確認をもう一度 意外な見落としがあるかもしれない点として、物件の設備を確認する項目があります。 私はここで、予定してた物件の ...

続きを見る

不動産会社や契約の形態によっては、全部連絡しなければいけない場合もあれば、電気とガスだけ連絡したらよい、なんて場合もあります。入居の手続きのときにしっかり確認しておきましょう。

必要な手続きは、当然入居日から余裕を持って申し込む必要があります。営業日や申込み受付時間が限られているので、先延ばしにせず出来るタイミングで早めに済ませておくべきです。

また、ガスの開栓には立ち合いが必要です。都合の良い日時を先に考えておいてから申込みの連絡をするとスムーズです。ライフラインの使用開始日は基本的に引越し日の当日に設定して問題はないです。ただ、引越し日にガスの開栓に立ち会う時間がない場合は引越し日より前もって開栓を行っておきましょう。

ガス給湯の場合、シャワーやお風呂のためのお湯を作れないので大変です。銭湯を使用するのも素敵ですが、ただでさえ引越しでお金を使った直後、できる限り出費は抑えたいものです。

また、前日に新居の下見や掃除、荷物の運び入れなどを暗い時間帯に行う予定がある場合は電気の使用開始日もそれに合わせて設定しておきましょう。

電気などのライフライン 引越し

荷造りの仕上げ作業は期限より余裕を持って終わらせよう

引越しに向けて荷造りをしていると、自分の家にまさかこんなにも大量の物が収まっていたとは…と毎回のように驚かされます。

目で見て大した荷物量に見えなくても、段ボールに詰めてみると予想外の箱数になったり。特にクローゼットや押し入れの中身、本棚に収まっている物には要注意です。

綺麗に収まっているせいで騙されますが、段ボールに移し替えるとありえない量になったりするものです。荷造り途中に段ボールが足りなくなった経験がある方も多いのでは。

進めば進むほど終わりが見えなくなってくる荷造り。当初の予定通り進めていると、最後のほうは種類も順番も関係なく箱に放り込んでいくだけ、なんて時間に追われた状態になってしまうかも…。引越し日が決まって気持ちがひとまず落ち着いたこの段階で、今いちど荷造りの計画を見直してみてください。

荷造りは引越し当日までに間に合いますか?

間に合う場合は、そこからもう一週間の余裕を生み出すつもりで荷造りに取り掛かりましょう。荷造りをきっちりと行うことで、荷解きのときの負担も減ります。

引越し後は住所変更手続きなどで慌ただしくなるので、可能な限り負担を減らすような工夫をしておくことが大切です。荷造りの仕上げ作業は当初の予定や期限よりも余裕を持って終わらせ、引越し業者の方や、引越し後の自分自身に迷惑を掛けないよう心がけましょう。

引越しの段ボールに仕分け名を書く
簡単だけど役に立つ、荷造りをする時のちょっとした工夫

引越し後すぐに使うものはひとまとめにして分かりやすく 食器は食器、日用品は日用品、というように基本的には種類ごとに分けて荷造りを進めていきます。荷物の量が膨大な ...

続きを見る

-引越しの知恵

Copyright© 引越しのことなら沢多家にお任せ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.