引越し費用のことから業者の選び方まで引越しの知恵お届けします。

引越しのことなら沢多家にお任せ

引越しの知恵

どれがお得?粗大ごみの処分方法とそれぞれのポイント

更新日:

沢多ママ
引越しのとき、前もって考えておきたいのが「粗大ごみ」の処分方法です。

引越しの手続きや荷造りなど他のことに気をとられてなんとなく後回しにしがちな粗大ごみ。直前になって、このままでは間に合わない!と焦ってしまう人も多いのではないでしょうか。

粗大ごみの処分には、思ったよりも多くの手間と時間が掛かります。細々とした不用品ならば、最悪ダンボールに詰めて新居に運んでから処分することも可能ですが、大きな家具や家電はそうはいきません。

引越し当日まで処分が間に合わなかった、なんてことになれば、場合によっては思わぬ出費がかさむことも……。直前になって焦るようなことがないよう、粗大ごみの処分方法は早めに確認しておきましょう。

引越しするときにでるゴミ

お金を掛けずに処分する方法!リサイクルショップor知人

まず、最もお得な方法として考えられるのが、リサイクルショップに買い取りをしてもらう方法です。

店舗によっては、出張買取サービスを行っていることもあります。家にいながら引き取りをしてもらい、お金まで受け取れるならばこれ以上のことはありませんね。

しかし、出張買取サービスを行っていない場合は、粗大ごみを自力で店舗まで持っていく必要があります。あまりに大きな家具や家電だと、大きな車や人手も必要になってくるので大変でしょう。

また、リサイクルショップによっては、品目や型番によって買取が不可なものも少なくありません。買取ではなく無料引取なら可能ということもあれば、無料引取すら受け付けていないこともあります。どちらにせよ、公式サイトや電話などで事前に確認することが大切です。

もうひとつのお金を掛けない処分方法としては、知人に引き取ってもらうという方法があります。引き渡しの日程の調節もしやすく、お互いにとって有益なので、平和的な処分方法であると言えます。デメリットとしては、引き取りたいという知人が現れない場合はもちろん成立しないということ。

また、リサイクルショップに持ち込むときと同様、処分品を自力で運びだし届ける必要があります。人手や軽トラックなどをレンタルする出費が発生することもあるため、その辺りも考慮しておきましょう。

引越しのときの粗大ゴミ問題

専門のサービスや業者に依頼する方法!自治体or回収業者

次に考えられる方法は、自治体の粗大ごみ回収サービスを活用する方法、専門の不用品回収業者に依頼する方法です。各自治体によって回収できる品目や掛かる料金は異なっているため、一概には言えませんが、専門業者と比べて自治体を利用したほうが安くすむケースが多いようです。

公的なサービスということで安心感もありますし、専門業者を調べたり選んだりする時間を節約することもできます。土日が稼働していなかったり、時期によっては予約が混んでいたりするため、かなり余裕をもって申込みすることが必要です。

引取場所は、専用のセンターであったり玄関前であったりと自治体によって様々なようです。運びだしは自力で行う必要があるため、玄関前の回収であっても大きな粗大ごみだと大変な作業になるでしょう。また、決められた時間以外では回収できないことも、人によってはデメリットかもしれません。

家電リサイクル法など、自治体では回収できない品目もあるため注意が必要です。専門の不用品回収業者は、なによりも回収品の運びだしを行ってもらえるというメリットがあります。自力で運び出すのが難しい大きさの粗大ごみの場合、体力的な負担、建物を傷つけたり自分自身が怪我をしたりする危険などを考えると、専門業者に依頼するほうが安心でお得であると言えます。

回収日や時間も調節できるため、急な引越しだったり仕事が忙しかったりする人も都合がつけやすいでしょう。注意点としては、不用品回収を行う業者の中には違法な業者も存在するということです。法外な料金を請求されたり、回収してもらったはずの粗大ごみが別の場所で不法投棄されていたりと、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

ごみの収集や廃棄にはその種類によってそれぞれ許可が必要なのですが、粗大ごみの回収には、市町村ごとに発行される「一般廃棄物処理の許可」が必要です。回収業者を選ぶときは、その点に十分気を付ける必要があります。

-引越しの知恵

Copyright© 引越しのことなら沢多家にお任せ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.